サッカー・フットサル

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • パントキック
    低弾道のパントキックがうまく蹴れません。
    どうすればうまくミートして安定して低弾道のパントキックが蹴れるようになりますか?

回答 Answer


  • ぐっちさん、ご質問ありがとうございます。

    スポーツオーソリティー幕張新都心店、松本実です。



    パントキックを蹴っていく上で、大事なポイントを挙げるとすれば、

    1.ボールを持ている手の位置は動かさない。

    2.キックする足は上から下へとスイングしていく。

    3.自分の甲を蹴る方向に向けて蹴る。

    まず①から説明していくと、ボールを持っている手の位置が動くということは、自分の身体は動いていることになりますし、ボールも動いていてタイミングを合わせたりすることが出来ません。それだと正確なスイングどころか、ボールに自分の足を正確に当てることも難しいでしょう。右足で蹴るならば、左手でボールを持っていますが、まずは状態をしっかり保ち、ボールを持っている位置を動かさずにそのボールに右足を持ってくるイメージで蹴ってください。ボールを持つ位置は腰より少し高め(おへそと同じ高さ)がベストだと思います。



    ②に関しては、ボールを蹴る右足の事です。コントロールの良いボールを蹴る為には、よりバックスピンをかけることによって、どんなコンデションでも負けないキックになります。たとえ方向が良かったとしても、しっかりとしたバックスピン(回転)がなければ、雨や風などに負けてしまい、パスミスになったり、質の悪いパスとなって、パスを受ける選手がトラップしぬくくなり、そこでもミスとなってしまいます。良いパスというのは、トラップしやすいパスであり、次のプレーに繋がることこそが良いパスであると思います。だからこそ、ボールに対してバックスピン(回転)をかけることが良いパスとして重要になってきます。パントキックにおいても同じ事です。持っているボールに対して、上から下へとスイングする事で、バックスピンがかかり、コントロールが良く、トラップしやすいボールになります。

    (上から下へとスイングするということは、ボレーキックをするイメージで蹴るといいです。)



    最後の③に関して言いますと、簡単に言えば、ボールを良く見るという事です。自分の甲で当てるには、ボールを良く見なければ、どこに当たっているのかも分からないと思います。まずはしっかりボールを良く見るという事をしっかり癖付けることが大事です。



    最後にまとめると、ボールを持つ位置は変えずに、ボールに対して、足持っていくイメージでスイングをする。スイングは上から下へとスイング(ボレーキックをするイメージ)をする。その際にしっかりとボールを見て、自分の甲で、蹴りたい方向へ向かって蹴る。
    これから練習するにあたり、パントキックに関しては、力を入れて練習する必要はありません。しっかりとリラックスしてコントロールに意識していければ、ボールの質は良くなっていきますし、必ず感覚は掴んでくるはずです。その後で少しずつ力の強弱を変えることが出来れば、低くて速いパントキックも出来てくると思います。まずは段階を踏んでいきながら、練習していくのをオススメします。


    ぐっちさん、頑張って下さい。



    回答日: 2015/05/01(金)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリート
    松本 実

    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリートへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    回答ありがとうございます。
    自分は遠くに飛ばそうと力んでしまってるところもあったので気をつけて明日から早速練習してみたいと思います!
    コメント日: 2015/05/01(金)
    評価:4

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る