テニス

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ラケット、サーブ
    まず先にですが、前回の質問の回答、本当にありがとうございました!すごくためになりとても勉強になりました。!
    早速ですが、前回に言っていたラケットの事なのですが特性を教えてもらいたいです。ラケット名はHEAD RADICAL TOURです。たしかこのラケットは1993年ぐらい?にお父さんが買ったのを譲り受けたものです。今の所DEPOなどで聞いても、わからないという回答が帰ってきて困っています。少しだけでもいいので、分かる事があればぜひお願いします。
    続いてサーブでツイストサーブを打ちたいのですがどういうふうに打てばできるのでしょうか?動画などは見たのですがイマイチやり方がわからなくて…よろしければ教えてもらいたいです。そしてサーブのスピードを上げるにはどうすればいいでしょうか?ラケットは貼ってある画像に似ています。長文失礼いたしました。

回答 Answer


  • Mr.RK、こんにちは!
    ご質問ありがとうございます。

    テニス担当の徳渕がお答えします。
    HEAD RADICAL TOURはアガシ選手がドネーのプロワンからヘッド契約に変わった時に使用していたラケットです。
    フェイスサイズが大きいOSと小さいMPが出ていたと記憶しています。
    写真を見る限りMPではないかと思います。※フレームに書いていますのでご確認ください。

    発売当時は品質(当時はオーストリア製)、性能ともに最上級モデルでした。
    どちらかというとパワーがある上級プレーヤーモデルとして発売していました。
    ※今ほどやさしいラケットがなかったので、私の周りの女子プレーヤーやジュニアでも使っている人はいました。

    しかし、今の最新ラケットと比べると性能・機能は雲泥の差があります。
    性能を説明するときに今のラケットより優れていることがないため全ての説明に「当時は~」がついてしまいます。
    特徴としては、コントロール性がよく振りぬきがいいラケットでした。
    打球感は好みがありますが、今でも「昔の柔らかい素材の感覚がいい」という方も多いです。
    実際にボールが食いつく感覚がありますが、今のものより飛びにくいというデメリットもあります。

    つづいてツイストサーブ(キックサーブ)の打ち方ですが
    一般的にはトスを上げる位置を添付した画像の「C」のように後ろ側にあげて
    ラケットを下から振り上げ、ボールにタテ回転をかけるように打ちます。
    このサーブを打つ時に一番重要なのは、相手のリターンを打ちにくくさせてポイントを取りやすくすることです。
    バックが両手打ちで得意な選手には効きませんし、コースが甘くてフォアで打たれたらチャンスボールになります。

    このサーブを安定して打って試合を優位に進めるには
    脚力や体幹の強化が必要です!
    日々の練習やトレーニングの中で体幹を鍛えるメニューを加えてみてください。
    トレーニングメニューなど紹介した回答がありましたので
    参考にしてみてください。
    https://sportschiebukuro.sportsauthority.co.jp/category/detail/question:97

    サーブについて前回の回答があります。
    こちらも参考にしてみてください。
    https://sportschiebukuro.sportsauthority.co.jp/category/detail/question:57

    テニスは、体格差や経験年数などのアドバンテージがある相手でも
    得意なショット・プレーを軸とした戦術で勝負できる競技です。
    スピード・パワー・コントロール(プレースメント)・戦術・メンタルを鍛えて
    自分に合ったプレーを見つけて頑張ってください。





    回答日: 2015/05/18(月)
    回答者
    スポーツオーソリティ
    徳渕 泰成

    スポーツオーソリティへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    やっと自分のラケットの特性などを知ることが出来ました。本当に有難うございます!
    コメント日: 2015/05/19(火)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る