サッカー・フットサル

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 進路
    息子が中学生になりますが、チームを卒団後、サッカーの進路をどうしたら良いか分かりません。今は、チームに所属し、スクールに通ってます。本人は、サッカー選手になりたいと頑張ってますが、狭き門だと思います。ジョニアユース(?)等に入らないと、無理な道なのでしょうか?母子家庭なので、金銭的にユースは、厳しい。しかし、親として、少しでも近付けて上げたいと思うし、大好きなサッカーをさせて上げたいと思います。

    補足

    チャンスが来た時の為に、準備をしておきたいと思いますが、チャンスは、誰にでもありますか?どんな時が、チャンスなのか分かりません。1度しかないチャンスを活かせたとの事ですが、どんなチャンスだったのでしょうか?プレイを見てもらうチャンスは、どんな環境なのでしょうか?チャンスも環境も、与えられるものではなく、自分で掴むものですが、情報として教える事で、トレーニングする上で、目標になればと思います。

回答 Answer


  • himawariさん 質問ありがとうございます。

    元Jリーガーの渡邊です。

    僕の場合、高校を卒業後に名古屋グランパスに入団して一昨年にジェフユナイテッド市原千葉で現役を引退しました。

    プロサッカー選手として11年間やってきましたがジュニアユースに所属していたわけでもなく高校も県でベスト8にいけたらいいなと言うくらいのレベルでした。

    ではなぜ僕のような選手がプロになれたかというと【プロになりたい】と言う大きな目標にたどり着く為に、今自分は何が足りなくて何をしなければいけないのかを逆算して日々のトレーニングに取り組んでいました。

    いくらいい環境に身をおいても本人がなんとなく毎日のトレーニングをこなしているだけではプロにはなれないと思います。

    逆に難しい環境でも周りに流されずしっかりとしたビジョンを持って日々のトレーニングに取り組んでいればチャンスは必ず来るはずです。

    いつ来るかわからない数少ないチャンスに備えて毎日のトレーニングに対して毎回自分だけの目標を決めて取り組むことも非常に大事だと思います。

    僕は1回しかなかったチャンスを勝ち取ることができたためプロサッカー選手になれました。

    それは周りに流されない【強い意志】といつ来るかわからないチャンスに備えてしっかりとした【準備】が出来ていたからだと自信を持って言えます。

    参考になったか分かりませんが、ぜひお子さんとじっくり話し合いながら次の進路を決めて下さい(^o^)



    回答日: 2015/07/05(日)

    補足

    himawariさん補足読ませて頂きました。

    誰にでもチャンスが来るかといえばそうではないと思います。
    チャンスを作るのも自分次第だと思います。
    努力していない人にはチャンスすら来ないと思います。

    僕の場合は頑張って努力し続けた結果、当日の高校の先生がプロの関係者の方に頭を下げて何とか練習参加させて頂けるチャンスをもらいました。

    突然の練習参加だったので驚きはしましたが【準備】はしっかり出来ていたので
    数日の練習参加でしたがチャンスを勝ち取ることができました。

    努力し続けなければ先生は頭を下げるまで自分の為にしてくれなかったと思うし、
    【準備】が出来ていなければ人生で1度しかなかったチャンスの中でプロの選手達に
    混じって最高のプレーは出来なかったと思います。

    先生はいつも自分の努力していたことを見ていてくれていました。
    (あいつは必ず俺がプロにする‼︎)
    とまで他の先生に言ってくれていたそうです。

    いつ、どこで、誰が見ているかわからないと言う気持ちを日頃から持って
    練習に取り組んで欲しいです。

    努力し続けていれば僕の時のように見てくれている人は必ずいます。

    頑張って下さい(^o^)

    回答日: 2015/07/09(木)

    回答者
    スポーツオーソリティサッカースクール幕張新都心校 コーチ
    渡邊 圭二

    スポーツオーソリティサッカースクール幕張新都心校 コーチへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

回答 Answer


  • himawariさん、
    ご質問いただきありがとうございます!

    ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに所属しています若林です。

    よりレベルの高い仲間とともに環境の良い所でサッカーをすることはもちろん素晴らしいと思います!
    ジュニアユースに入れば、周りはレベルの高い選手ばかりとなるでしょう。
    その中で切磋琢磨し、自身の成長に繋げることが出来れば、選手として大きくレベルアップ出来ると思います。

    しかしそれが必ずしも良い選択であるか?と言えば、そうではないと私は考えます。
    ジュニアユースに入らなくても、上手くなる道はたくさんあります!
    なぜなら、サッカーが上手くなるために必要なものは、
    “サッカーを楽しむ” ことと “上手くなりたい” という向上心だからです!
    厳しい環境の中でサッカーをしてきて、日本代表になる選手はたくさんいます!
    厳しい環境でプレーするということは、自分の意志が試されます。
    自分はどれだけプロのサッカー選手になりたいのか?
    その思いは本気なのか?

    プロサッカー選手になるには、ジュニアユースのように環境が良い所でサッカーをしないと無理なのか?
    という質問にお答えしますと、
    それは違います!
    プロサッカー選手になることは簡単ではありませんが、どんな環境でプレーしていようとも、自分の努力次第でプロへの道を切り開くことも出来るということです!

    息子さんを信じ、可能な範囲での最大限のサポートをしていくことが、一番の支えになると思います!

    息子さんの今後のご活躍を心よりお祈りいたします。


    回答日: 2015/07/05(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリート
    若林 美里

    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリートへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る