野球・ソフトボール

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 内野手のグラブ小指二本入れについて
    私は草野球で主にセカンドを守っているのですが、草野球の凸凹グラウンドのイレギュラー、弾きやすい軟式球、そこまで高度なプレーが要求されないという点から、捕球の確実性を上げるため小指二本入れで守っています。
    日本のプロ野球では外野手でしか目にしませんが、メジャーでは内野手でも小指二本入れでプレーしている選手を多く見かけます。
    松井稼頭央選手(ショート守備時)や、田中賢介選手もメジャーから帰ってきてから小指二本入れでプレーしていたと記憶しています。
    そこで質問なのですが、なぜ日本の内野手では流行らないのでしょうか?そしてなぜメジャーの選手は内野手でも小指二本入れをしている選手がいるのでしょうか?

回答 Answer


  • こんにちは!!

    ベースボール担当のバイヤーで御座います!
    小指二本入れについてご説明致します。

    グラブの小指部分に小指と薬指を両方入れ、
    中指を薬指部分に、人差し指を中指部分に入れる使い方をしますが、
    効果としては親指と小指でボールを挟む力が増し、捕球のしっかり感が増します。
    また、指の入る位置が変わる事でポケットの位置もウェブ側に変わりますので
    グラブの一番深いところで捕球する事が出来るようになります。

    メジャー帰りの内野手に小指二本入れが多い理由としては
    メジャーの打球は日本よりも強く確実に捕球してから送球する事が求められる為、
    二本入れが多いです。また、田中賢介選手などのグラブを見て頂くと、
    サードの選手並みに大きいグラブを使っていたりします。
    それだけ打球の質が違うという事です。

    日本の野球ではより素早く早く送球動作に移る事が優先されていますので
    内野手のグラブの型も小さく、ポケットの位置も中指、薬指付近に広めに浅く付いている物が多く
    いわゆる”当て捕り”という使い方をします。
    そういった型のグラブを無理やり小指二本入れでポケットの位置をずらして使用すると
    受球面の革が寄れてしまい逆にボールをはじく原因になってしまう事もあります。

    しかしながら、最近の野球は左打ちの選手も増えてきており、
    セカンド方向にも強い打球が飛んでくることも多くなってきました。
    ですので、最近の二塁手はグラブの使い方自体は変わらないままで
    強い打球に負けないようにするためにグラブの内側、薬指部分に
    ホールド感を高めるリングがついている事が見られます。(画像参照)

    以上、説明が難しく分かりずらいかもしれませんが参考になれば幸いです。



    回答日: 2015/08/02(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ ベースボールバイヤー
    大道 友樹

    スポーツオーソリティ ベースボールバイヤーへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る