野球・ソフトボール

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • クールダウン 学童野球
    我がチームは、軟式野球C号球の学童チームですが、練習日が火、水、木、金、土、日の週1休みで、1日3時間の若干緩めの練習です。以下の内容について質問させていただきます。
    1.練習後のクールダウンはまったくしません。
    2.投手の投球練習は、レギュラーバッティングのバッティングピッチャーで10人に5球を週2日程度。
    3.練習試合では、結果に対しての評価は毎試合行うが、練習において反復がない。

回答 Answer


  • こんにちは!

    ベースボールプロアスリートの安斉雄虎です。

    ご質問の回答をさせていただきます。

    1.どんなに短い練習時間であってもクールダウンとして
    グラウンド1.2周の軽いジョグ、ストレッチは最低限することをオススメします。

    2.バッティングピッチャーは実践感覚をつける意味でとても大切な練習方法です。
    ですが、そこで出た課題の練習としてピッチング練習も必要です。
    例えば、週1日 バッティングピッチャーで、もう1日を課題を練習するために
    ピッチングにしてもいいかもしれません。

    3.試合の反省をして、課題を出すことはとても大切で、そのなかで
    選手個々の課題、チームとしての課題に分けて、目標設定をして
    課題に取り組むようにするのがいいと思います。
    すぐに克服できそうな目標を短期目標
    少し時間がかかりそうな目標を中期目標
    それ以上に時間がかかりそうな目標を長期目標
    といった形で目標に取り組みに一つ一つ課題をクリアにしていくと
    必ず個人の能力、チーム力はいい方向に向かうと思いまいます。


    回答日: 2016/06/14(火)
    回答者
    スポーツオーソリティ ベースボールスペシャルアドバイザー(つきみ野店)
    安斉 雄虎

    スポーツオーソリティ ベースボールスペシャルアドバイザー(つきみ野店)へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る