ゴルフ

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 肘痛
    ゴルフ肘で悩んでいます。
    数年痛くなかったのですが、最近また痛み始めました。
    練習を週に4~5回しているので回数を減らしています。(1回100球)
    グルコサミンも数年来飲んでいますが効きません。
    これって休養以外、整骨院のような場所でのマッサージって効きますか?
    また予防方法として腕の筋力アップは有効ですか?

回答 Answer


  • もっちぎさん、こんにちは。
    幕張新都心店プロアスリート小林滋生です。
    質問を拝見いたしました。かなりの練習量ですね。
    休養、治療、筋力アップも大切ですが、なぜ痛みが出るのかの検証も必要かと思います。
    「数年痛くなくて、最近痛み出した」という事はスイング改造や、飛距離アップをするために新たな試みをされたのではないですか?
    基本的に関節の痛みがある場合、力感が強くなりすぎて、関節が逆に曲がるような動きをになり肘などに負担がかかる事が予想されます。
    このような場合の予防方法として、グリップ、肘、肩の3点の脱力をして、連続素振り(ゆっくりとクラブの重さを感じられる程度の弱い力感)をすると、関節に負担がかからないスイングのイメージが出来るようになります。
    ここまでは、どなたでもご存知かとおもいますが、この力感で実際にボールを打つ練習をしてみましょう。最初は飛距離が出ませんが、素振り、ショットの練習を続ければ、徐々に方向性が良くなり、飛距離も戻ってくると思います。
    スイングに無理がなければ、痛みも少なくなりまので、治療と平行して練習してみて下さい。
    茨城県ご在住とのことですが、もし幕張に来ることがあれば、スポーツオーソリティ幕張店ゴルフ売り場までお越し下さい。ご質問どうも有難うございました。


    回答日: 2015/03/11(水)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    小林 滋生

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

回答 Answer


  • もっちぎさんこんにちは!
    ご質問ありがとうございます!

    熱心に練習なさっていたのですね!!
    もちろん痛みが治まるまで休養して頂くことはとても大切です!
    もっちぎさんがおっしゃるように、原因となっている筋肉をマッサージする事も痛みを軽減させる手段の一つです。
    もう実践されているかもしれませんが、他にもご自身で出来るケア方法があります!
    それは、ストレッチです。
    ゴルフ肘は一般的に、肘の内側に痛みが出るものと言われています。
    肘の内側に痛みがある場合のストレッチは、痛みがある腕を掌を上に向けた状態で伸ばして、指先をもう片方の手で持ち、手の甲が腕に近づく方向に手首を曲げていきます。(写真1枚目参照)
    肘の外側に痛みがある場合のストレッチは、痛みがある腕を手の甲を上に向けた状態で伸ばして、指先をもう片方の手で持ち、掌が腕に近づく方向に手首を曲げていきます。(写真2枚目参照)
    どちらも効果的なストレッチですので是非行ってみてください!
    また、症状が長引いている場合は温熱療法が効果的です。例えば超音波です。温熱療法は整形外科や接骨院で行えますので、継続的に行って頂く必要はあるかと思いますが行ってみてください!

    ゴルフ肘になってしまう原因としては、繰り返すストレスだけでなく、柔軟性の低下や筋持久力の低下も原因として挙げられます。
    なので、筋力アップは有効と言えます‼︎
    しかし、筋力アップは痛みが無くなったら行って頂くことをオススメしますので、まずは休養とケアを継続してみてください!
    また、ゴルフ肘やテニス肘といった症状に合わせて使って頂けるサポーターも痛みの軽減に効果的ですのでお試しください‼︎

    ご質問ありがとうございました!
    トレーニングの方法もまたお答え致しますので、ご質問お待ちしています‼︎



    回答日: 2015/03/05(木)
    回答者
    スポーツオーソリティ港北ニュータウン店
    小松 明代

    スポーツオーソリティ港北ニュータウン店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る