ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 加速力
    ぼくの100メートルのレース展開はスタートと加速で少し遅れて、中間疾走と減速期間で追い上げるという感じになります。
    そこで苦手な加速力を伸ばし、後半につながるような走りをしたいです。
    加速力を伸ばせるいいメニューはありませんか
    室内と外どちらも教えてください。
    家の近くに競技場と坂があります。

回答 Answer


  • こーいちさん、スポーツ知恵袋へのご質問ありがとうございます!
    スポーツオーソリティ木更津店専属トレーナーの水須がお答えいたします!

    尚、このアドバイスは、短距離走での経験&ストレングスコーチとしての視点によるものです!!!
    坂、競技場が近いとは良い環境ですね!!

    ★外でのトレーニング

    「加速のパワー強化」

    坂道を使用します。
    走りの動作自体に負荷をかけられますので効率が良いです!

    ・坂道スキップ
    走りのリズム、下半身の反射機能強化(バネ)
    ⇒スキップの距離、速さを意識しよう!

    ・坂道速歩 
    脚を引き上げる動作を強化
    ⇒競歩選手をイメージして!

    ・坂道ダッシュ 
    0からの力発揮を強化できます!地面を押す力、脚を引き上げる力、前傾姿勢の維持
    スタート~加速動作に必要な能力を鍛えられます。
    ⇒スキップ、速歩で使用した筋肉を意識して!

    「加速のギアチェンジ」
    坂道で強化した力を生かすために、競技場で練習します。
    加速を効率よく行う為には、素早く力を立ち上げなければなりません!
    走りで言うとピッチを速くする事が必要です!

    ・SDマーク走(10m+20m)
    スタートラインから3M程度離して、マークを5つ程用意します(等間隔で1.5足長程度)
    マーク内で高まったピッチを開放するようなイメージで20m程度走ります。
    合計30m程度になるように調整してください!
    ⇒窮屈な感じになりますが、しっかりと脚を動かしてピッチを上げましょう!
    慣れてきましたらクラウチングスタート姿勢から行いましょう!

    上記の練習のバリエーションとして(10m+20m)+30~70m等と高めたスピードを維持して走る練習も取り入れていきましょう!

    ★室内でのトレーニング
    色々ありますが、スタートの為に一つだけ!

    クラウチングの姿勢を安定させるために、スタートの手幅、指の付き方で腕立て伏せの腕を伸ばしている状態でキープする練習をしてください!
    (10秒+10秒休み)×3セット行いましょう
    この時間安定して身体を支えられると、
    スタートまでの時間、フライングやり直しがあった場合の腕のスタミナも強化する事が出来ます。

    これから寒くなってきますので、準備運動をしっかりと行ってケガのないように練習を行っていきましょう!






    回答日: 2016/09/26(月)
    回答者
    3FIT 葛西店トレーナー
    水須達也

    3FIT 葛西店トレーナーへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございました。坂とマーク走を頑張ってみます。
    コメント日: 2016/09/27(火)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る