ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • スタートと加速の腰の高さについて
    高2 短距離 です

    動画の6レーンの選手のように
    腰を高く維持したままスタートし
    加速していく方法を教えてください

    自分はこの動画より、腰を高くした状態でスタートし、脚を重心の真下に素早く落としていくことで速いピッチを保ったまま中盤に大きくストライドを伸ばしていくことで綺麗なレース展開ができているのではと考えました。

    体型も6レーンの選手は自分に近く、いいところをコピーしていきたいと思っています。
    これからの自分に活かすために
    前半の質問と6レーンの選手の走り方を目指すために意識できること、練習法を教えてください


回答 Answer


  • Haruさん、こんにちは。
    幕張新都心店の安田がお答え致します。

    腰を高く維持しにくい原因ですが、おそらく、振り上げ脚を上げる事の意識が強すぎて、軸脚で地面からの力をしっかり受け止めきれていないのだと思います。
     だから、振り上げるももを振り上げる意識と同時に、逆の軸脚で地面からの反力をしっかり受け取るようにして走りましょう。
    軸脚を意識を強める為のお勧めドリルを紹介します。
    ◎ケンケンドリル(20mケンケン+30m流し×3本)
    片足ケンケンで前に進むドリルです。
    簡単そうに見えますが、意識していただきたい重要なポイントがあります。
    ☆ポイント
    ・片足の軸を常に意識して行う。(高く飛び過ぎて軸がぶれてしまわないように)
    ・足先ではなく、骨盤(腰のあたり)で地面を受け止める。
    ・最後までまっすぐな姿勢をキープする。
    ・20mケンケンしたら、そのまま流しを30m入れて、走りの中で感覚を確認する。

     又、もう一つ腰高のフォームを作りやすくなるドリルを紹介します。
    ◎競歩から流し(競歩⇒流し30m×3本)
    競歩でできる限り早く歩き、歩く速さが限界に来たら、流しに切り替えます。
    競歩は腰(骨盤)のひねりを強く意識して歩きますので、自然と腰高のフォームが身に付きやすくなります。

    地面からの反力をしっかりと受け取る為のはバネが必要です。
    バネを強化する為のお勧めトレーニングを紹介します。
    ◎バウンディング(30m×3本)
    通常の走りよりも歩幅を一歩大きくして、バウンドするボールのように走ります。
    膝はある程度ロックして、前脚に体重を乗せこんで地面を正確にとらえます。
    軸脚の方の腕を大きく前へ、逆の腕を大きく後ろに引くことでうまくバランスをとりましょう。
    ただ、バウンディングは少し負荷の高いトレーニングになりますので、セット数は
    筋力に応じて調整してください。

    以上ご参考になれば幸いです。
    ご無理せずに頑張って下さい。



    回答日: 2016/10/21(金)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る