ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 陸上長距離走での腹痛の対処について
    中学生の子どもの事ですが、陸上大会で長距離走に出場すると、1000mを過ぎた辺りから必ず横隔膜あたりが痛くなるそうです
    大会前日・当日の食事に関しては、内容・摂取タイミングはかなり調べて対応していますので、そこは問題ないと思っております
    ベルトも装着してますが、効果はないようです
    練習では痛みが出ないようです
    どんな対処でも試してみたい言っておりますので、この痛みに対する対処方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると大変助かります
    どうぞよろしくお願いいたします

回答 Answer


  • まめさま、こんにちは。
    幕張新都心店の安田がお答え致します。
    長距離レースで横隔膜が痛くなる原因としていくつか考えられるのは
    ①レース前半でご自分の限界以上のペースで突っ込んでしまい、脳が危険のサインを出し、横隔膜の痛みとなって表れる。
    ②横隔膜を含むコアユニット(インナーマッスル)がやや弱い。
    ③腸内にガスが滞留していて、それにより横隔膜が圧迫され痛みとして現れる。
    等でございます。
    それぞれの対策と致しましては、
    ①横隔膜の痛みを感じたら、一旦ペースを落とす。ペースが落ち着くと痛みが引いてくるはずですので、そこから立て直す。
     普段のポイント練習でインターバルを重要視し、心肺を鍛える。
    ②練習時以外の普段からドローインを頻繁に実施する。
     ドローインはコアユニットを強化する為に有効な方法です。やり方は簡単です。リラックスした状態で、息をゆっくり吐いてゆき、最後にフッと強く吐き切ります。
     そうすると、へその下のあたりが緊張した状態になりますので、その状態を20~30秒キープします。
     授業中座っていてもできますので、是非取り入れてみて下さい、
    ③大会前のみでなく、普段から、野菜や果物を毎食摂取し、腸内環境を整えておく。
    等が挙げられます。
    原因としては①が一番多く考えられるのですが、②の対策をしっかり実施することで、負荷の高いポイント練習以外でも
    横隔膜の痛みが防止できる可能性が高まります。

    以上ご参考になれば幸いです。
    ご無理せずに頑張って下さい。



    回答日: 2017/03/19(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ご回答下さり大変感謝しております
    おそらく②があてはまると思います
    インナーマッスルを鍛えてみるよう声掛けをしたいと思います
    ありがとうございました
    コメント日: 2017/03/21(火)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る