ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • どうしてもスタートが速くなりたい
    中3で短距離をやっています。
    題名にもあるようにどうしてもスタートが速くなりたいです。今日試合があったのですが頭が上がり、周りが見えるくらいの時にとても前と差が出ていてゴールでやっと横一線になるというような展開でした。もしスタートで追いつく、または抜かしていればぶっちぎりで一位が取れて違う世界が見えるという自信があります。友達によると中間疾走は組の中で1番速いそうです。ですからどうしてもスタートが速くなりたいです。どんなきつく、時間がかかることでもいいので練習方法とポイントを教えてください。ちなみに僕のスタートのやり方は初めの6歩を強く押して、その後徐々にピッチと体を起こしていきます。よろしくお願いします。

回答 Answer


  • こーいちさん、こんにちは。
    幕張新都心店の安田がお答え致します。

    短距離のスタート技術向上の為に必要な要素として、
    ①反応速度を速くする
    ②反応してからの瞬発力を強化する
    の2つがございます。

    先ず①の為に有効なトレーニングをご紹介します。
    練習時間内では、スタートの状態を作り、友達にスターターとなってもらって、合図の音と同時に体を動かす訓練をします。
    これを身体に染み付かせることで「反射で出る」と言う事が可能になってきます。これは反復練習あるのみです。
    加えて、スタートの姿勢のみでなく、体育座り・正座・うつ伏せ・仰向け等の姿勢からSD(スタートダッシュ)を行う練習も、スタートの反射を良くするのに非常に有効です。
    又、反射神経を鍛える事は日常生活の中でも可能です。
    何かの音に併せて身体を反応させるとか、
    陸上のレースをTVで見ている時に号砲に併せて身体を反応させるなど。
    きつい練習をすることだけが、技術向上の手立てではありません。
    如何に、練習以外の時でも、陸上の事を考え、少しでも技術向上の可能性を高める努力を、コツコツと積み上げて行く事が重要と思います。


    次に②の為に有効なトレーニングをご紹介します。
    ★坂道ダッシュ
    目新しい練習ではないと思いますが、やはり重要です。
    SD(スタートダッシュ)を強化すのであれば、坂の長さは20m~30m位でよいので、斜度は少しきつめの坂(15度以上)で練習しましょう。
    本練習の後の自主練で、1日10~15本本集中して実施するだけでも、1ヶ月後には今より力強いSDができるようになると思います。とにかく反復練習です。
    *意識するポイント
    ●上体が浮かないようにしっかりと前傾!
    ●最初の数歩は坂道ダッシュのように平地を走る!
    坂道を走る事によって獲得できる能力を下記に記します。
    ●地面を力強く押す感覚
    ●下肢の筋力UP
    ●脚を引き付ける力の向上【脚の切り替えに必要】
    実際に平地や競技場でのSD時には、坂道で地面をしっかりと押す感覚を意識します。

    以上、参考になれば幸いです。
    これからもご無理せず、練習、頑張ってください!!



    回答日: 2017/04/17(月)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございました。
    坂ダッシュと変形ダッシュを取り入れ、それをスタートに生かそうと思います。
    コメント日: 2017/04/19(水)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る