サッカー・フットサル

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ロングスロー
    サッカーをやっています。高校2年生です。
    自分はサイドバックをやっているのでスローインを投げる機会が多いのですが、飛距離が出ません。
    せめてサイドラインからペナルティエリアのラインを越すくらいまでは投げられるようになりたいのですが、何か投げ方のコツや鍛え方などがあれば教えて頂きたいです!

回答 Answer


  • わたしさんご質問ありがとうございます。

    スポーツオーソリティ幕張新都心店・プロアスリート松本がお答え致します。



    ポイントは2つです。


    ・フォーム(投げ方)

    ・体幹 使い方 強さ

    まず大事なのが、フォーム。投げ方です。

    これは、スローインだけじゃなく、キックやヘディング、サッカーの技術全てに言えることです。
    正しいフォーム(投げ方)をすることで、ボールに効率的に力を伝えることができます。

    (フォームの流れ)
    タッチラインから十分距離をとり助走スタート。

    ボールは片手に持ちながら助走。

    前に進みながら上半身を後ろに倒す。
    →体幹の前側を伸ばすイメージ

    同時にボールを両手で持ち、頭の後ろに持っていく。

    ライン手前で片足を踏み込む。

    体を起こすタイミングで肘をできるだけ曲げる。

    上半身起こしながら、肘から下を素早く振り抜く。
    →伸ばした体幹を瞬間的に縮めるイメージ
    →腕の素早い振りがポイント

    頭の上を通過すると同時に、ボールを離す。(ボールを押し出すイメージ)

    後ろに残していた足は、前で踏み込んだ足とそろえる。
    →このとき、足が地面から離れないようにする。(地面をすらすように前に足を持っていく)


    このようにまずはフォームを自分の体に覚えさせる事です。

    それがまずは正確にミスなく、

    プレーすることにつながります。

    必ず意識して下さい。


    それがあってこそ、意識してほしい事が、

    体幹の使い方、強化です。

    色んなトレーニング方法があると思いますが、

    メディシンボールという重たいボールがあります。

    各種重さが違いますので、
    軽いボールから徐々あげていけるようにしましょう。

    それの道具を使い、2人1組で投げ合いしましょう。

    その時に必ず体幹を意識することが重要です。

    メディシンボールを遠くに投げるよりも、

    重たいボール持って投げる時にこそ、

    先程の投げ方を意識して投げましょう。

    その後にボールをサッカーボールに変えて、

    フォームを意識して投げる所までやれば、

    いいと思います。

    ただ、それ以外にもたくさんの体幹トレーニングはあります。

    練習が終わった後でも、

    少しの時間で毎日継続すれば、

    必ずロングスローも含めて、結果は出ます。

    どうすれば上手く成長出来るのかも常に考えて、

    日々のトレーニングに活かせて下さい。

    わたしさん頑張って下さい。

    応援しています。



    回答日: 2017/07/09(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリート
    松本 実

    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリートへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ご丁寧にありがとうございました。
    メディシンボール、実践してみようと思います。
    コメント日: 2017/07/10(月)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る