コンディショニング・トレーニング

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ロープクライミング
    トレーニングの一環としてロープクライミングを取り入れたいです。しかし、いざ実際にやってみると上手くロープを登ることが出来ません。懸垂は順手で15回ほど出来て逆手だと17回ほど出来ます。ラットプルダウン、加重懸垂、色々試してみましたが効果が現れません。具体的な対策、アドバイスをよろしくお願いします。

回答 Answer


  • yamada613さん、スポーツ知恵袋へのご質問ありがとうございます!
    スポーツオーソリティ木更津店トレーナーの水須がアドバイスいたします!

    現状の荷重懸垂等のトレーニングで広背筋の筋力はしっかりとお持ちと思います。

    私からは、ロープクライミングの動作様式、力の方向を意識した強化ポイントを下記に記します。

    ・前腕の強化
    ロープクライミングは懸垂種目と違い、手の甲が外側方向に向くポジションです。
    この状態を維持するには前腕筋群の強化が必要です。
    種目例:ハンマーカール、プルオーバー【広背筋+前腕強化】
    上記種目の様にダンベルを縦に保持する種目を実施しましょう。

    ・片腕のパワーポジションの強化
    ロープクライミングでは、腕を片方ずつ屈曲伸展させます。
    この力を補強する為にワンハンドロウイングを取り入れてみてください。
    特にダンベルを引き切った状態で一瞬動作を止め、重量をキープするような意識をしてください。
    ロープの引付に近い動作となります。肘を体側部よりも高く保持する事も意識してください。

    体重や、体幹部の使い方等いろんな要素が他にもございますが、現状考えられる補強ポイントを挙げてみました。
    ロープ種目は、前腕部に負荷が非常にかかります。オーバーワークにならないように練習してみてください!




    回答日: 2017/11/26(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ木更津店トレーナー
    水須達也

    スポーツオーソリティ木更津店トレーナーへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございます
    コメント日: 2017/11/27(月)
    評価:3

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る