ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 短距離のメニューについて
    はじめまして。
    短距離で100mを専門としている者です。
    部活では短距離の長としてメニューを考えているのですが、恥ずかしながらどんなメニューが効果的なのかあまり理解しておらず、過去にやっていた練習を真似ています。
    これから大会シーズンになるので、自分を含め部員のタイムが上がるような練習をしたいと考えています。

    そこで、どんなメニューが効果的なのかいくつかメニューを立てて頂きたいです。

    ちなみに部活自体は週5で、そのうち1日は器具を用いた筋トレをしています。練習時間はアップを含め3時間くらいです。

    よろしくお願いします。

回答 Answer


  • のいさん、初めまして。こんにちは!
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    100mの練習メニューの紹介ですね。
    先ずこれからの3月~4月は冬季練で養った基礎体力を、より試合で活かせるよう、実践的な質を重視したトレーニングを実施するべきと思います。
    具体的には
    ①SD(スタートダッシュ):20、30、40、50m×2セット・・・目的:反応速度、瞬発力を上げる
    ②加速走:ツースキップから弾むようにスタート、20m加速→40m全力疾走→自然にスピードダウン×7本・・・目的:加速の技術向上・トップスピードの維持
    ③テンポ走:ツースキップから加速20m、全力の80%位のスピードで80m走×5本・・・目的:リラックスしたフォームの維持
    ④坂道ダッシュ:30~50m(傾斜5度位:きつめ)×7~10本・・・目的:短距離に必要筋力・俊敏性の向上
    等が効果的です。
    通常のアップ・動き作り・補強運動に加え、上記メニューを1日1つづつ、週2~3回組み入れていただくと、実践的な技術・体力が身につくと思います。
    大事なのは、漠然と練習をこなすのではなく、「この練習の目的は何か」を実施前に、皆で確認し、意識することと思います。

    以上ご参考になれば幸いです。
    ご無理せずに、頑張って下さい!!



    回答日: 2019/03/12(火)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る