ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ハードなランの後
    昨日のペースランニングお疲れさまでした。非常に練習になりました。自分にとってこの時期に、昨夜の風の中1㎞/5分で走れたのは収穫です。

    さて、質問ですが昨夜のようなハードな練習の後、緩いジョグ(ペースは度外視でむしろ30分くらいの時間走)をやると脂肪燃焼や意識的な30㎞以降の辛い気持ちになった時の練習になると聞きました。

    ほぐすというのも含め、意味があるものなんでしょうか?回答いただけたら幸いです。ちなみに午前中”ほぐし“の意味で1㎞/6分くらいで8㎞走りました。

    9/1日の練習に参加するつもりです。そのときはよろしくお願いします。

回答 Answer


  • ガンバ・ラルさん、こんにちは。
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    昨日は当店ランニングクラブへのご参加、誠に有難うございました。
    昨晩の高温・多湿・強風のコンディションの中で㌔5分で10Kmのペースランニングがこなせたということは
    秋の良コンディションであれば、㌔4分40~45秒で10Kmペースランニングをこなす力があると思います。
    状態もかなり上向きのようですね。本当によかったです!!

    さて、質問頂いたポイント練習(特にスピード練習)の次の日のジョグについてお応えします。
    目的に応じてジョグの内容も変わってきます。
    ①「疲労抜き」を目的としたジョグ
    ポイント練習後は、筋肉が硬直しており、血流も悪くなっています。従いまして、完全休養するよりは軽いジョギングをした方が、筋肉がほぐれ血流も促進される為、疲労が抜けやすいです。
    ペースは気にせず、とにかく「筋肉をほぐす」という意識を持ってスピードを抑えて疲労感が残らない程度にジョギングします。
    ラルさんが本日実施した8Kmジョグはこちらの内容のものと思います。
    ②「セット練習」としてのロングジョグ
    強度の高い練習を2日連続で実施するのを「セット練習」といいます。
    1日目にスピード練習(今回であれば10Kmハイペース走)を実施した次の日に、ロングジョグ(原則90分以上)を実施するのが一般的です。
    ペースに関しては疲労抜きジョグ程落とさずに、「やや楽」位の体感を維持して淡々と走り続けます。
    1日目のスピード練習で筋肉が疲労した状態でロングジョグを実施することで、ラルさんが質問時に言及された「30Km以降のきつい状況」を再現しやすくなります。

    以上ご参考になれば幸いです。
    9月1日(日)の当店ランニングクラブのメニューは、インターバル走1,000m×7本(1本㌔4分45秒位  200mジョグ繋)の予定です。
    ご参加、お待ちしております!
    ご無理せず、頑張って下さい。
    応援しております!!



    回答日: 2019/08/17(土)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございます。

    “やや楽”と感じるジョグを、今の自分に当てはめると1㎞/6分くらいでしょうか?

    今日も昼間“軽く”ですが走り、今月も100㎞走れました。まだ2週間あるので無理せずどこまで伸ばせるか頑張ってみます。
    コメント日: 2019/08/18(日)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る