ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ペース走 高負荷
    こんばんは。

    昨日は練習不参加すいませんでした。インターバル走を体感しメリットなど直接聞きたかったのですが。ケガしたわけではないので。

    添付した画像見れてますでしょうか?
    ペース走を㌔5分切るペースで6㎞走りました。走るコースも前回と違って、やや起伏のあるコースを走りました。前半下って、後半上るような感じのコースです。

    このペース、この起伏で走り体にとってメリット(脚、心肺など)などあるのでしょうか?

    先の話ですが、11月のリレーrunには参加するつもりでいます。その時はよろしくお願いします。

回答 Answer


  • ガンバ・ラルさん、こんにちは。
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    故障なく継続練習されている旨を伺い、安心しました。
    今回の6,000mPRに対する評価ですね。
    標高差約30mのアップダウン、更に後半上りというコースで平均㌔4分45秒をキープしておりますので、
    3時間40分前後を狙う為の心肺機能、スピード持久力の養成によい練習になっていると思います。

    ただ、少しだけ気になりますのは、最近の練習内容が10Km前後のPRや15Km以下のジョグに偏っておりませんか?
    確かにスピード持久力養成の為に、PRは非常に有効な練習ですが、
    フルマラソンをメインレースと考えられておられるのでしたら、
    スタミナ脚力養成の為に、最低20Km以上の距離走を、ポイント練習の軸にする必要があると思います。(できれば週1回)
    未だ気温が高く、距離にこだわるとメンタル的にきついので、最低120分以上の時間走(ペースは考えないでOK)でもよいと思います。
    既に距離走、時間走に取り組まれているのであれば、余計なアドバイスで申し訳ございません。

    11月のリレーランは皆で楽しみながらタスキを繋くエンジョイイベントですが、内容としては、約1,500m×2~3本のレペティションですので、
    真剣に取り組めば、心肺機能・スピード脚筋力養成の為に、とても有効な練習となります。ご参加お待ちしております。

    以上少しでもご参考になれば幸いです。
    今後ともよろしくお願いいたします。



    回答日: 2019/09/04(水)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございます。

    ロング走…ボチボチ始めようと思ってました。8月は早めのペースで短い距離をと考えていて、やっと最近涼しくなってきたので、今月から初めていくつもりです。

    手始めに、この週末に以前に教えていただいた“セット練習”を金土とやってみます。またやった結果、体調の変化など報告するつもりでいます。よろしくお願いします。
    コメント日: 2019/09/04(水)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る