ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 1年前よりタイムが下がっている女子選手について
    中学校で陸上部の顧問をしています。
    前日の大会で今年度2年生の女子部員の1500mのタイムが1年生の時の5分20秒くらいから6分15秒まで落ちてしまいました。3000mにいたっては、12分を切っていたのが15分を越えることもあるくらいです。原因が分からず皆様からご示唆をいただきたいです。彼女の現状については以下に箇条書きにしてみました。よろしくお願いいたします。
    ・4月に学校で行った貧血検査によると貧血ではない。
    ・まじめな性格で決してサボっているわけではない。
    ・けがなどで痛みがあるわけではない。
    ・週に5日、1時間半程度(実際に走るのは30分のペース走など)の練習を行っているが、顧問としては極端に疲労がたまるほどではないと考えている。
    ・インターバルの設定タイムのクリア状況からだと、12分とは言わないが15分かかるほど走れていないわけではない(500m×6本2分15秒設定はクリアできる)。
    ・本人のわずかな言葉からでは「途中から力が入らなくなる」らしい。
    ・800mなども4月から少しずつタイムが悪くなっている。


回答 Answer


  • 月夜さま、初めまして。こんにちは。
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    急激にタイムが落ちてしまった原因としていくつか考えられる点を挙げさせていただきます。
    ①今年の8~9月中旬迄の猛暑によるコンディション低下(いわゆる夏バテ)
    ②猛暑による食欲不振・栄養偏重によるコンディション低下
    ③①②の結果、思うように身体が動かないことによる自身喪失

    ①に関しては、少し涼しくなった時期に起こりやすいです。猛暑時期蓄積した疲労が一気に出てしまうのです。
     選手によって同じ練習内容でも楽にこなせる選手もいれば、きつく感じてしまう選手もいます。
    ②に関しては、夏場、しっかり必要な栄養を摂っていたか、ご本人にヒアリングしてみてください。
     あまり食欲が出ず、糖質のみに偏った清涼飲料水や麺類等で食事を済ませることが多かったのではないでしょうか?
    ③に関してはご本人自身もまじめな性格ゆえに、「何でこんなに身体が動かないだろう。もうダメかもしれない。」というようなネガティブな思考になってしまっている可能性がございます。
    それでは、上記それぞれについて対処法をご提示致します。
    ①1週間~10日位、インターバルやレぺ、ハイペース走等、強度の高いポイント練習を控え、ジョグと補強運動のみとする。⇒とにかく疲労を抜く。
    ②特に中長距離選手にとって、栄養摂取に気を使うことは非常に重要です。
     先ず、筋肉を作るタンパク質は毎日、最低体重(Kg)の2倍のグラム数の摂取を促してください。(50Kgであれば100g 一気に摂取するのではなく、朝・昼・晩にしっかり分けて摂る)
     推奨食材:卵・魚・鶏肉・ヨーグルト・牛乳
     次に、タンパク質の吸収を助けるビタミンB1、ビタミンCを多く含む食材を同時に摂取するよう促して下さい。
     推奨食材:納豆・豆腐・豚肉(ビタミンB1) 柑橘類、緑黄色野菜、100%オレンジジュース(ビタミンC)
     又、貧血ではないようですが、中長距離選手は、慢性的に鉄分不足に陥りやすいので、鉄分を多く含む食材も積極的に摂取するよう促してください。
     推奨食材:レバー・ほうれん草・海藻・赤身肉
     最後に鉄分の吸収を助けるのもビタミンCですので、上記ビタミンCを多く含む食材は積極的に摂取するよう促してください。
    ③ある程度疲労が抜けたら、できるだけ気温が低い良コンディション下で、徐々にポイント練を再開するとよいと思います。
     「ブランク明けだから。」と、傷つけないように、いつもより少し練習パートナーのレベルを下げてあげて、自信を取り戻してもらうのもよいと思います。

    以上少しでもご参考になれば幸いです。
    1日でも速く、選手の方のコンディションが上向くことを願っております。
    又何か力になれそうなことがあれば、ご相談下さい。
    よろしくお願いいたします。



    回答日: 2019/09/30(月)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る