ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • ランニングフォーム
    6日はありがとうございました。

    今晩早速、教えていただいたランニングフォームの修正を意識して走りました。

    距離8㎞ ㌔5分 コースは前半緩い降り2㎞、後半緩い登り2㎞の往復4㎞を2本。

    まず、上下動は映る影で肩の上げ下げが過ぎてないか、仮に肩は動いても“上下で無く、腕降りと一緒に前後に動かす”を意識しました。

    それと連動して、足の着地もいつもより摺り足気味に足の裏の真ん中から着いて、母子球で蹴る(特に言われた左足)ようにして走りました。

    言葉にするとこんな感じですが伝わりますでしょうか?教えていただいた“上下動注意、左足母子球で捉える”自分なりにやってみた結果です。

    ただ、この走りをして右膝の痛み(ご存じと思います)が、走ってる最中ほぼ痛み無く走れました。

    このフォーム間違ってますか?上手く伝わってなかったらすいません。

回答 Answer


  • ガンバ・ラルさん、こんにちは。
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    先日はイベントご参加、ありがとうございました。
    早速フォーム改善に取り組まれていらっしゃるのですね。前向きで素晴らしいと思います。
    改善する為の意識は間違っていません。自信を持ってください。
    念のため再度修正すべきポイントを整理しますね。
    ①上下動を少なくする(上に跳ねない)
    股関節から脚を回す意識を強く持ってください。
    ②左足の重心移動が外に逃げないようにする
    足裏のやや外側から着地するのはOKです。
    ただ、着地後、徐々に重心を母指球側に移動します。
    母指球で蹴るというよりは重心を母指球側に移動しつつ、足裏全体で地面を押し切る意識をもつとよいと思います。

    以上少しでもご参考になれば幸いです。
    ご無理せずに頑張って下さい。
    これからも、応援しております!



    回答日: 2019/10/11(金)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    回答ありがとうございます。

    早速、意識しながら走りました。㌔6分30秒でフォーム重視で18㎞。

    上下動はなんとなくわかるのですが、左足のつきかたがまだはっきり見えてきません。自分なりに回答を解釈しつつ練習します。ただ、上下動を意識するだけでも、膝の痛みが軽減されてるのも事実(ペースが遅いだけも理由かもしれません)なので、膝の痛みを無理せずフォーム修正に励みます。
    コメント日: 2019/10/13(日)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る