サッカー・フットサル

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • スポーツをする意味
    中学1年息子と父親の指導について悩んでます。
    父親は小中高と野球をやってきました。熱心です。
    息子は小3冬からサッカーをはじめ、父親の勧め(指導方法が不満)でチームを2つほど移籍し、現ジュニアユースは小6から1年早く入り、1年間上級生に交じって頑張ってきましたが、当然レギュラーは難しく、Bチームでした。Bチームのだらだらしてる子達と一緒にいるから、B慣れするなと注意されるようになっていました。やっと自分の代になりましたが、チームのレベルが上がり実力のある子達が入ってきて、レギュラーがとれず、モチベーションがさがり春に1度、夏前にも2度目辞めたいと言いました。1度目は父親に夏の合宿までがんばれ、楽しくなるはずだと励まされ、2度目は監督にまだ何も始まってない!せめて秋まで続けてみろと言われ続けてきました。ここで辞めたら、何でも簡単に逃げるようになっちゃうよ。と父親も監督も同じような意見でした。
    その後は合宿も楽しみ、仲間との関係も良好、自主練もやり始め、いよいよやる気が戻ったかと安心していた矢先、とうとうサッカーをさぼりました。そしてプロになりたいわけではないから、サッカーは気楽に楽しくやりたい、ガツガツできない、レギュラーをとるために努力もしたくない、辞めたいと言いました。本人の気持ちがそこまできてるなら、もうこれ以上は無理ではないかと思いましたが、父親は認めません。
    このまま辞めたら、ただ逃げてるだけ、逃げを許したらどうしようもないやつになるだけだ、落第者、クズだといいます。自分より上のやつがいたら越したいと思わないのはおかしい、1番を目指せ、スポーツをやってる人はみなそう考えている、そう考えないのはダメなやつで、社会に出てもダメのままだ。という考えです。
    私はスポーツを熱心にやってきたことがありません、だから分からないのだと言われます。わたしも簡単に諦めたり、逃げだすことを覚えてはほしくありません。しかし、この決断は逃げることなのでしょうか?
    本人の気持ちが一番だと思う私が甘すぎるのでしょうか?
    スポーツを熱心にやってこられた方、取り組んでこられた方達のご意見を聞きたく質問させて頂きました。
    ご教授よろしくお願いいたします。

回答 Answer


  • おうさま、
    ご質問いただきありがとうございます。

    スポーツオーソリティ幕張新都心店プロアスリートスタッフであり、
    ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに所属しています若林美里です。

    今回は、私の実体験に基づきお答えさせていただきます。

    私は、小学2年生の時に仲の良かった友達がサッカーチームに入るという理由で、特にサッカーが好きだった訳ではないのですが、男子サッカークラブに入ることになりました。
    そして、26歳である今までサッカーを続けてきました。
    私自身幼い頃から運動することが得意であり、サッカーを始めてからはトロフィーやメダルをたくさん獲得してきました。

    そのため、小学校を卒業と同時に、なでしこジャパンを目指し親元を離れてサッカーをする決断をしました。
    中高一貫のチームに入り、6年間の寮生活がスタートしました。
    希望に満ち溢れ夢を叶えるために過ごした6年間でしたが、そこでの生活は輝かしい事ばかりではありませんでした。

    怪我、挫折、人間関係の悪化など、数えきれないほどの苦しみがあり、何度もサッカーを辞めたいと思いました。
    そんな時、両親に相談をしたところ、両親は「そんなに嫌なら帰っておいで!」とすぐに言ってくれました。
    しかし私は、ここで辞めたらいけない!苦しいことに立ち向かって耐えることに意味がある!と、辞めたいと思う度に自分に言い聞かせ今まで続けてきました。

    26歳になり現役を続けている今、
    様々な事を経験し、色々なアスリートのあり方を見て思うことは、
    苦しかったあの時期にサッカーを辞めて、自分が楽しめる他のスポーツに挑戦していたらどうなっていたのだろう。
    という疑問です。

    確かに、簡単に諦める癖をつけてしまう事は今後の息子さんの人生においてよくない事であると思います。
    1つの事を追求していくことで、見えてくるものがあったり、楽しさを見いだせたりと得られるものは多かれ少なかれあると思います。
    しかし、それ以上に私が思う事は、自分が楽しいと心から思えるもの、やりたいと思う事に思い切ってチャレンジする勇気を持つことも時には必要だという事です。
    人には向き不向きもあります。
    苦しみから逃げる、諦めるとマイナスに考えるだけではなく、自分に合ったものを見つけるための決断であると考えれば、前に向かって進んでいけるのではないでしょうか。

    今回の質問の文章を読ませていただいた限り、息子さんは十分にサッカーに向き合ってきたと思います。
    サッカーの苦しみも、楽しさも経験をしてそれでも辞めたいと発言している。
    また、ただ単に辞めたいだけではなく、もう努力が出来ないという気持ちのレベルにまで来てしまっている。

    1番になることは大切ですし、1番にならないと見る事の出来ない景色もあります。
    それでも、1番になるのはサッカーじゃなくてもいいのではないでしょうか。
    世の中にはたくさんの可能性があります。
    自分に合ったことを探し、見つけ、1番を目指して欲しいと思います。

    1つの事をやり抜く重要性をしっかりと息子さんに話し、サッカーを辞めて終わるのではなく、新たなステージに挑戦したいのなら覚悟を持って取り組むことを息子さんには伝えていただければと思います。

    息子さんには、可能性しかない!と言っても過言ではない年齢だと思いますので、今後の息子さんの人生がより良いものとなることを期待しています!!



    回答日: 2019/10/17(木)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリート
    若林 美里

    スポーツオーソリティ幕張新都心店 サッカープロアスリートへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

回答 Answer


  • おうさま さん 
    スポーツ知恵袋へのご質問ありがとうございます。
    今回のご質問内容に対する返答は、練習法やスポーツ科学内容と異なり
    心(マインド)に特化した回答になります。ですので様々な考えがある中での一つとしてご確認頂ければと思います。

    まず結論として、息子さんはどの選択をしても逃げた事にはなりません。
    どのような選択でも新たな道を選んだという事です。

    まず逃げという定義は、周りから見た評価です。
    辞める事が逃げなのか、不本意な事を気持ちを隠しながら継続する事が逃げなのか、
    これは本人にしかわからない事かと思います。

    お父様や監督さんの意見も間違ってはおりません。
    困難があっても、自信の力で苦境を乗り越えていく経験があれば人生の糧になる事は
    多いと思います。
    ただし、私は本人の意思に背いてまで上記の対応をするべきではないと思います。


    スポーツで一番を目指し続けられなければ、落第者という事になれば世の中の方は殆どそうなります。
    1番は1人、もしくは1チームだけに与えられるものです。

    大人になる前の色んな選択が可能なうちは、幅広く選択肢を持つ事が良いと思います。
    もちろんその選択はポジティブな事だけではございません。

    もしチームを移る、自主練習でサッカーを続ける選択をした場合は、
    今までの仲間との別れ、新しい環境に慣れていく事など困難な事柄が確実に発生します。

    そう考えると、チームを去る事になってもより困難に立ち向かうと言えないでしょうか。
    どんな選択でも人間は挑み続ける事になるます。

    何に挑むか、どんな内容か、どのように立ち向かうかは
    ぜひご家族の方がサポート差し上げて下さい。



    回答日: 2019/10/17(木)
    回答者
    3FIT 葛西店トレーナー
    水須達也

    3FIT 葛西店トレーナーへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る