ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 短距離
    百メートルを走るときに力んでしまって前半では周りより早いのに後半抜かれしまうことがよくあります
    冬にそれを克服したいのですがいい練習方法はありますか?

回答 Answer


  • アップさん、こんにちは。
    幕張新都心店のランニングアドバイザーの安田がお答え致します。
    後半に抜かれてしまうことが多い原因として考えられる原因を3つ挙げます。
    ①トップスピードの速さの問題
    ②トップスピードを維持するスタミナの問題
    ③トップスピード局面での意識・フォームの問題
    それでは原因それぞれへの対策練習例を挙げます。
    ①⇒下り坂オーバースピードトレーニング(40m×10本等)
    強制的に自分の出せるスピード以上のスピードで走ることで、MAXスピードの引き上げを狙います。
    ②⇒インターバルスプリント(100m×5本 100mのベスト+2秒以内  レスト90秒)
    ゆったりしたスピードで力まずフォームを意識して走ります。本数をこなすことで、スピードを維持する持久力を高めます。
    ③⇒トップスピード以降はスピードは上がりません。如何にトップスピードを維持するかが大事です。
    肩を下げて、脚を早く回そうとせず、脚は重心の真下に落とすイメージでリラックスして走りましょう。

    以上ご参考になれば幸いです。

    ご無理せずに、練習、頑張って下さい。
    応援しております!



    回答日: 2019/11/06(水)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る