野球・ソフトボール

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 型直し
    久保田スラッガーの軟式内野手用のグローブを使って試合してますが、内野フライは落球しポケットもできてるのかできてないのか分からず変な挟みどりの型になった為一度失敗したお湯にもう一度漬け込み型直しするしかないかなとも思うのですが、何度もお湯に漬け込むと変になったりするのでしょうか?

回答 Answer


  • Nao05010214さんこんにちは。
    お問い合わせありがとうございます。

    湯もみは水分に付けることで革への負担が大きいですので何度もすることはオススメできません。
    考えられることとしてグラブが重たくなる、革が硬くなる、またはその逆で柔らかくなりすぎてしまう可能性が挙げられます。

    グラブの状態を見ていませんので一概に言えませんが一度ほぐれてしまった革の繊維を戻すことはできませんので新たに型を付け直すということももしかすると難しいかもしれません。

    ポケットが出来ているかわからないということですのでグラブのポケットに向かってボールを投げ込む動作を続けることと、弾いてしまうことに対してはグリップ性の高いオイルを少量塗り込むといったことでボールの弾きを抑えてくれる効果がありますのでオススメをします。

    オイルではハタケヤマのWAX-1というオイルがグリップ性を高めてくれるのでオススメです。

    せっかく買ったグラブだと思いますので根気強く向き合ってみてくださいね!


    回答日: 2020/07/21(火)
    回答者
    スポーツオーソリティ ベースボールバイヤー
    大友 駿也

    スポーツオーソリティ ベースボールバイヤーへのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る