バスケットボール

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 下半身強化
    バスケやサッカーでは
    ジョグ、ダッシュ、切り返し、止まる、方向転換、混戦から抜け出る、などの下半身の動き、またコンタクトを持たれた時のブレない下半身・体幹が大事だと思うのですが、
    これらの動きに対応できるようになるための下半身・体幹のトレーニングを教えてもらいたいです。
    また、筋力トレーニングは始めてからいつ頃で効果が出るのかも教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    補足

    これらのスクワットなど下半身のトレーニングは週2-3位の頻度で行うという認識であっていますか?
    よろしくお願いします。

回答 Answer


  • NIKEさま
     ご質問ありがとうございます。幕張コンディショニングセンターの長谷川が回答致します。

     バスケやサッカーでは、
     「ジョグ、ダッシュ、切り返し、止まる、方向転換、混戦から抜け出る、などの下半身の動き、
      またコンタクトを持たれた時のブレない下半身・体幹が大事だと思う」
     NIKEさまのご年代で、ここまで運動の動きの要素を分けて、大事だと思う能力を理解している
     こと、とても驚いています。十分、ご自身の行っている運動を理解されていますね。
     
     代表的な下半身、体幹のトレーニングをご紹介します。

     〇スクワット
      ※オーバーヘッドスクワットもおススメです。
       オーバーヘッドスクワットは、骨盤だけでなく、背骨、肩甲骨などの
       位置も重要になり、スキルも必要ですが、トレーニング効果も高いです。

     〇ランジ動作
      前方に踏み出すフロントランジに加えて、サイド、バック、クロスステップ
      など、様々な方向のトレーニングを行う事で、競技特性に対応できます。

     〇クランチ・シットアップ(トランクカール)
      腹筋運動の基本動作ともいえるトレーニングです。

     〇ツイスト系(腹筋)
      方向転換やボールや相手、味方を見ながら体を動かす際には、少なからず
      体はねじれています。ツイスト系の種目を取り入れることも、競技特性に
      通じます。

     上記、トレーニング種目としては基本の動きになりますが、
     基本の動きを、改めて見直し、きちんと身に付くようにトレーニングを
     精査していくことも、下半身・体幹を強化する際には大切なことです。

     トレーニングの効果が出る時期についてですが、
     このトレーニングをこのぐらい続ければ、ズバリこのぐらいの期間で・・・
     というものは存在しません。
     同じ体力(筋力やスピード、持久力や柔軟性、体格、食事、休養の摂り方など)
     の人は2人といませんので、全ての人が違う効果が出て、効果までの時間も異なります。
     ⇒これが回答です。

     しかし、
     至適運動強度(効果が一番出ると思われる強度)、量で行い、栄養摂取や効果的な
     休養をしっかり取ることで、おおまかな予想は立てることもできます。

     これはあくまで私の主観(感覚)ですが、
     本人に合ったメニューであれば、
     ①2週間ほどで体が慣れる
     ②3か月ほどで、行っている競技で、第3者が気づく変化が起きる
     (動きが明らかに良い、パワーが出た、軸がブレない、などの
      ”目に見える効果”が現れる)

     このように感じています。

     ただし、3か月でも効果がいまいちな場合、3か月よりも早く効果が
     出る場合も少なくありません。
     2週間で慣れる、という部分は、新たな刺激の場合、筋肉痛などの影響が
     減り、1段階目のメニューアップなど、質を変える可能性が生まれる時期です。
     一方、慣れるということは、「サボり方も分かる」とも捉えることができ、
     この2週間の時期が、そこから更に基本に忠実に取組みグンと伸びるか、
     サボりに入り効果が止まるか、の分かれ目でもあると、私は考えています。

     以上、トレーニングメニューについてはごく基本的な内容をお伝えしました。
     効果の時期については、私自身の経験もある内容ですので、鵜呑みにせず、
     色々な方のご意見も伺いながら取り組んで頂ければ幸いです。

     ケガなどのトラブルがなく、効果的にトレーニングができることを、
     お祈りしております。頑張ってください!

     スポーツオーソリティ幕張新都心
     コンディショニングセンター
     長谷川 亮(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー JSPO-AT)
     
     
     


    回答日: 2020/12/19(土)

    補足

    NIKEさま
     あけましておめでとうございます。
     昨年頂きましたご質問(補足部分)のご回答を差し上げます。

     スクワットなどのトレーニングは、
     週2~3回行う事で合っているか?

     ⇒合っています。

     ただし、強度の設定によって、若干の変化があります。
     基本的な考え方は、【トレーニングフォームが崩れない】ことです。

     週3回のトレーニングの中で、強めの強度で行った場合、
     筋肉痛が残りフォームが崩れることがあります。
     これは注意が必要ですので、もう1日から2日空けるか、
     その日のトレーニングは強度を落とす、という工夫をしましょう。

     体幹のトレーニングに関しては、種目や回数にもよりますが、
     毎日行ってもよいと、私は考えています。
     
     新たな年、新たな自分に出会えるように、頑張ってください!

      スポーツオーソリティ幕張新都心
      コンディショニングセンター
      日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
      長谷川 亮

    回答日: 2021/01/02(土)

    回答者
    スポーツオーソリティ 幕張新都心店トレーナー
    長谷川 亮

    スポーツオーソリティ 幕張新都心店トレーナーへのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございます。すぐに成果を求めず、地道に頑張ります。
    コメント日: 2020/12/19(土)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る