ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 練習内容
    インターバル走を3000m×3本やりました。1本avg.04:30で、5分レストjogです。

    いつも1000m×5本やってますが、長めの距離でやってみようと思いじっせんしてみました。

    1000mと3000mのインターバル走の効果の違い何かありますでしょうか?

    昨日、ビルドアップ走(15㎞)をやりどうしても入り1㎞が速くなってしまい、結果、前半5㎞を5分、中盤5㎞を4分45、後半5㎞を4分35でした。

    昨日、高負荷のrunだったので今日は20㎞のLSD㌔6分でやりました。この二日間はset練と呼んでもいいのでしょうか?

    1/24(日)のインターバル走の練習会予約しました。よろしくお願いします。

回答 Answer


  • ガンバ・ラルさん、こんにちは。
    幕張新都心店のランニングスペシャリストの安田がお答え致します。
    3,000m×3本IVの効果ですが、「ある程度心肺機能も強化しながら、スピード持久力も引き上げる」というマラソン練習としては非常に有効なトレーニングだと思います。
    イメージ的には1,000m×5本IVと15Kmビルドアップ走の良い所どりの練習と思います。
    練習メニューは同じようなメニューの繰り返しだと飽きてしまい惰性でこなしがちになりますので、バリエーションは豊富な方が良いです。
    スピード系の練習は1,000×5本IV、3,000m×3本IV、15Kmビルドアップ走をローテーションで実施してみてはいかがでしょうか?力が付くと思いますよ。
    15Kmビルドアップ走+20KmLSD、素晴らしいセット練習だと思います。
    このような高負荷なセット練をこなせるようになっていることは、力の付いてきている証拠だと思います。
    1/24(日)のインターバル走ランニングイベントのご予約有難うございます。お待ちしております。

    以上少しでもご参考になれば幸いです。
    ご無理せずに、頑張ってください。
    応援しております!!



    回答日: 2021/01/10(日)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク
  • 質問した人からのお礼

    ありがとうございます。

    ただ、どうしても最初の入りが速く入ってしまうので、そこに注意してやっていきます。
    コメント日: 2021/01/10(日)
    評価:5

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る