ランニング・陸上競技

質問 Question

ブックマーク Bookmarks

  • 中学女子の陸上部
    800mが好きで駅伝部に所属してる中1女子です。私は小さい頃から短い距離はわりと速く、バネがある、ストライドが大きい、スピードがあると言われてきました。体格もどちらかというと他の駅伝部の子の筋肉が細いのに対し、自分は筋肉が太い?です。太ってるわけではないけど、その中にいるとがっちり見えます。
    長距離は苦手です。今は駅伝の練習をしてますが、多分全国でみても私は真ん中くらいのタイムでけっこう良いコーチについて練習していても、ほとんどタイムが縮みません。正直長距離は嫌いなんです。。800mが好きだけど、中学だと短距離の陸上部ではなく駅伝部に入らないと走れないから駅伝部に入ってるようなもんです。先生にも疲れやすい走り方をしてると言われます。動画を見てみたら、みんなはどちらかというと身体がまっすぐな状態でトントンと軽く走ってるように見えるけど、私は腕も大きく振って、身体も前傾?、大股で走ってました。800m走ってるときはフォームや走り方(ここでどうするかという作戦みたいなもの)タイムなど褒められるし、上位までいけます。私は長距離をやるとき、この走り方を変えなきゃいけないのでしょうか?変えたほうがいいのかなっと何となく思いますが、変えたら800mまで遅くなってしまいそうだし、もうどうしていいかわかりません。

回答 Answer


  • keiさん、こんにちは。初めまして。
    幕張新都心店のランニングスペシャリストの安田がお答え致します。
    確かに800mのような中距離と3,000~5,000mのような長距離ではそれぞれ適切なフォームは違います。
    中距離の場合はより脚の回転を大きく、膝下のバネも使ってダイナミックに走ることで速いスピードが出ます。
    一方で長距離の場合、中距離のフォームで走ると、最後迄脚が持ちません。
    なぜなら、膝下の筋肉(特にふくらはぎ)は瞬発力がありスプリントには向くのですが、持久力がないので長時間持たないからです。
    従って長距離の場合、最後のスプリント勝負の時以外は、なるべく膝下のバネに頼らず、体幹周りの大きい筋肉(殿筋やハムストリング)を使って経済的に走ります。
    又、ポイント練習内容に関しても、中距離が150mや300mのショートインターバルがメインなのに対し、長距離は400mや1,000mのミドル・ロングインターバルがメインになりますので
    中距離の絶対スピードを求めるトレーニングを主軸にすれば長距離で必要な持久力が養われず、
    長距離のスピード持久力を求めるトレーニングを主軸にすれば中距離で必要な絶対スピードを磨きづらくなります。
    結論と致しましては、keiさんが今後800mと駅伝どちらのステージで本気で頑張りたいかを、自分で選択して決める意思決定が必要かと思います。
    以上、少しでも参考になれば幸いです。
    応援しております。
    頑張って下さい。



    回答日: 2021/11/09(火)
    回答者
    スポーツオーソリティ幕張新都心店
    安田治靖

    スポーツオーソリティ幕張新都心店へのリンク

※知恵袋の回答は必ずしも万人に当てはまるものではありません

この質問は回答期限が切れたため新規の受付を終了しました。

ブックマーク Bookmarks

パートナー企業 Partnership ロゴをクリックすると各ブランドのホームページをご覧になれます。

上へ戻る